凹凸洞

凹凸洞是長暗瘡或水痘後遺留下來的疤痕。很多病人都習慣在暗瘡癒合的過程中,忍不住擠壓或針清痘痘,傷害了肌底的纖維母細胞,讓皮膚在復原其間,形成萎縮性的疤痕。凹下去的疤痕,依不同的形狀,可分為滾輪型(rolling scars : 像小山丘一樣,中間凹陷)、淺盒型(boxcar scars : 凹陷位置比較淺平)和冰錐型(icepick scars: 開口窄、但凹陷很深)三種。中國人的膚色較深,且免疫反應強,所以在暗瘡復原期間,比西方人更容易留疤留印。所以,當暗瘡活躍的時候,必須加倍小心護理皮膚,及早治療暗瘡,並避免胡亂擠壓它們,以預防凹凸洞的出現。

要治療凹凸洞,首先須處理活躍的暗瘡。這可利用彩光、果酸或藥物,以控制油脂分泌、抑制座瘡桿菌(Propionibacterium acnes)和改善毛孔粗大的問題。

第二步,則是運用點陣式激光,在皮膚上製造數以千計的細小深入的傷口,刺激疤痕附近的膠原蛋白增生、從而重組肌膚,並撫平暗瘡凹凸洞。由於每點激光的傷口僅有0.1毫米,所以傷口復原非常快,而發射激光的形狀(如冬甩形、蜂巢形及方框形等),可因應不同疤痕形狀和治療範圍而調節。

第三步,暗瘡印比較嚴重的患者,也可利用皮秒激光的瞬間功率,選擇性將疤痕色素直接汽化、擊碎成塵狀,再通過淋巴組織排出體外。

而最後一步,則是以「挑針」的手法,一邊破壞凹陷了的疤痕組織,並以透明質酸針對性地撐起凹凸洞的凹陷位置,也讓皮膚看起來更明亮。

最後,病向淺中醫,暗瘡皮膚應及早求醫,並小心護理皮膚。治療凹凸洞也不宜心急,因為每次治療後,也須預留時間讓傷口復原,才可進行下一次治療。

 

ニキビ痕(でこぼこクレーター)

ニキビ痕とは、ニキビや水疱瘡の後に残った傷のことです。多くの患者はニキビの癒合過程で、我慢できなくなったり、ニキビを潰したり針でニキビの中の皮脂を押し出したりしています。それで真皮層の線維組織まで損傷してしまい、皮膚の癒合の間に、肌の表面が委縮して陥没している傷跡ができてしまいました。形によって、ローリング(Rolling型)タイプ(開口部は、U字のような形をしているタイプ)、ボックスカー(Boxcar型)タイプ(開口部は浅く、M字の形をしているタイプ)、アイスピック(Icepick型)(傷跡がアイスピックで突き刺したような先端が細く、V字のような形をしているタイプ)タイプの3種類があります。アジア人の肌色が比較的に濃く、免疫反応が強いため、西洋人よりもニキビの癒合期の間に傷痕が残りやすいです。だから、ニキビの炎症の時、ニキビ跡を残さないためにも、ニキビの段階でしっかりケアして治す必要があります。基本的には、自分でニキビを潰すのは控え、ニキビ痕(でこぼこクレーター)の形成を防ぐことです。

ニキビ痕の治療はまず発症中のニキビの感染、炎症を制御し、自然に軽快するのを待ちます。光治療、ケミカルピーリング、内服・外用療法などを使って、皮脂の過剰分泌をコントロールし、アクネ菌(Propionibacterium acnes)を殺菌し、キメの整った肌へ導きます。

ステップ2では、フラクショナルレーザー療法です。レーザーで極小の穴を無数にあけ、新たな肌細胞を作るのを促し、またコラーゲン生成させハリのあるきれいな肌に入れ替えていきます。その治癒過程で真皮が収縮し、コラーゲンの産生を促し、凹凸を均一化します。真皮内0.5~1mmの深さなので、表皮へのダメージはほとんどないため、カサブタにはなりません。またレーザー光の形は違うタイプの傷跡に合わせ調整できます。

ステップ3は、重症ニキビの方はピコレーザーの瞬間出力を利用し、直接傷跡の色素を気化あるいは粉砕し、破壊してリンパを通して体外に排出することができます。

最後のステップは、「マイクロニードル」と呼ばれる手法です。ニキビ痕の線維組織を切断するとともに、癒着を剥がし、その後ヒアルロン酸などの充填剤を注入して盛り上げます。肌を明るく見せます。

最後に、凹みを残さないために最も大切なことは、ニキビの「早期治療」をすることです。保湿などのスキンケアをしっかりする必要もあります。同時に、ニキビ痕の治療は焦らない方がいいです。毎回の治療後、傷を回復するまで時間を待ち、次の治療を行うことができます。

發表迴響