「激」走老人斑

俗稱「老人斑」的脂漏性角化症,另一個名字又叫壽斑,其實是皮膚老化、紫外線長期照射,加上新陳代謝減慢、細胞機能衰退、自由基增加使脂褐素在皮膚細胞中堆積等原因,致使表皮角質增厚引起的色素性表皮腫瘤,最常出現於面部、頸部、手腳等陽光能觸及的位置,但也會在身體任一部位生長。

老人斑並不一定是老年人的專利,曾有病人因長期工作於太陽和紫外線下,三十多歲便開始出現老人斑。

老人斑剛開始是平的斑點,接著慢慢隆起演變成棕色到黑色的丘疹或斑塊,形狀不整但邊界清楚,面積大小不一,摸起來還有點粗糙,隨著年齡漸長,顏色和數量也會日益加深。值得留意的是,有時色斑不只是影響外觀的問題,還可以是身體發生病變的警號。如果發現身體的斑快速長大,並且表面會出現糜爛,又或者短時間內,身體出現非常多顆不規則形狀的斑,亦有可能是癌症,應立即求醫,並把相關組織切下化驗,切勿自己亂塗藥膏,以免耽誤治療時間。

至於臉上或身上不美觀的良性老人斑,可以利用激光清除。對於初期形成、還未隆起的老人斑,可以用皮秒激光進行治療,將足夠的激光能量以極速進入皮膚,震碎色斑並經新陳代謝帶走。皮秒激光的脈衝治療時間比一般傳統納秒激光短,可有效減退黑色素,而且反黑機會也較小。至於已經隆起的斑塊,則需要用二氧化碳激光或射頻方法,像脫癦般去除斑塊,治療後雖會有細小傷口,但只要悉心護理,一星期後便自然結痂脫落。不過以上所提到的各種治療方法,會因不同人的身體狀況和老人斑的發展情況而有所不同,決定治療前先請教醫生,便可以獲得最適當及有效的治療。

 

「レーザー」で老人性色素斑を撃退
老人性色素斑(日光黒子)

通称「老人性色素斑」の脂漏性角化症は「寿斑」と呼ばれています。皮膚老化、長期間紫外線を浴びてしまったこと、加えて新陳代謝が遅くなったり、細胞機能が衰えたり、フリーラジカルの増加により皮膚細胞にリポフスチンが蓄積するなどの原因で、表皮の角質が厚くなり色素性表皮腫瘍を生じるとのことです。よく顔・腕・手の甲・デコルテなど、紫外線をよく浴びる肌の露出する部位にシミができています。

老人性色素斑は主に年配者に現れるシミだと言われています。ただし仕事などで紫外線を浴
びる機会が多かった方は、30代頃であっても老人性色素斑が現れることがあります。

「老人性色素斑」の最初に発症する時は平らですが、時間が経つと隆起してくることもあります。次第に茶色のような褐色の丘疹に変わり、濃くなり拡大することがあります。輪郭がはっきりとした円形状のものや、形が定まらないいびつなものがあり、手触りがまたざらざらして大きさも数ミリから数センチまでそれぞれです。年齢とともに少しずつ色が濃くなったり、増加したりしていくそうです。注意すべきなのは、できたシミが外観に影響を与えるだけではなく、体調が悪くなっているとの情報発信かもしれません。もし体のシミが急速に大きく成長し、しかも表面にびらんが現れ、或いは短時間で非常に多くの不則のシミができて、癌である可能性があります。すぐに病院へ受診し、生体検査を受ける必要があります。治療時間を遅らせないように、自分が勝手に塗り薬を塗らないようにしてください。

顔や体にできた醜い良性老人性色素斑の治療としては主にレーザー治療が用いられます。初期に形成された未隆起の老人性色素斑に対しては、ピコレーザーを使用して治療を行い、十分なレーザーエネルギーを皮膚へと加速させ、シミを粉砕しメラニン色素を分解し皮膚のターンオーバー通じて流され除去することができます。ピコ秒レーザーの治療時間は通常のナノ秒レーザーより短く、メラニン色素を効果的に取り除くことができ、しかも副作用の炎症後色素沈着になる可能性も小さいです。すでに隆起した老人性色素斑は炭酸ガス(CO2)レーザー或いはフォトRFを使い、皮膚内の水分とともに組織を蒸散させ、皮膚を削りとるような形でシミを取り除きます。炭酸ガスレーザーを照射した患部は、へこんだ浅い傷になり、その後、細かいカサブタが付きますが、ケアをしていれば、1週間程度でかさぶたが剥がれ傷は治癒していきます。
しかし、上記の各治療法は、各人の身体状態や老人性色素斑の発達状況によって異なるため、治療を決定する前に医師に相談してもらい、それによって最も適切で効果的な治療を受けることができます。

 

發表迴響